保険を通じて個人の生活と企業の経営をサポートする

総合保険代理店 株式会社ファイナンシャルアソシエイツ ロゴマーク フリーダイヤル 0120-8167-41
トップページへ 個人のお客様のページへ 法人のお客様のページへ 生命保険商品のページへ 損害保険商品のページへ ご契約者様のページへ お問合せのページへ

個人のお客様

あなたの必要保障額は
相続対策
損害保険料の削減

法人のお客様

適年問題
役員の保険
従業員の保険
利益の繰り延べ
事業承継対策

損害保険の最適化
生命保険商品

生命保険活用の基礎
保険商品の概説
個人向け注目商品

法人向け注目商品
損害保険商品

個人向け商品

法人向け商品
■ お問合せ
■ PROFILE
■ 勧誘方針
■ プライバシーポリシー
生命保険商品
法人向け注目商品  
 
逓増定期保険  
逓増定期保険は、保険金額が徐々に増えていく保険。

増えていくことにその目的がある訳ではなく、保険金額が増えていくことで、解約返戻金も増えるところに特長がある商品です。
保険金額が増えれば、当然保険料も増えるはずである。ましてや保険期間が進むことで被保険者の年齢もあがり、より保険料を押し上げていくはずです。しかし、保険は一般的に平準払いとなっており、つまり、保険料を保険期間を通して平準化し、最初から最後まで同じ保険料に設定しています。すると、簡単に言えば、最初は保険料を多く払いすぎており、その分解約返戻金も多くなります。保険期間のあるところを過ぎると、今度は保険料が少な過ぎるので、今まで貯まって来た解約返戻金を食いつぶしていくというような仕組みになっています。死亡保障に加えて、逓増定期保険の命は解約返戻金であり、その返戻率です。保険会社各社はこの返戻率を上げるべく逓増割合を前半低くして後半高くしたり、当初の
3年くらいの解約返戻金を抑えることでそれ以降の返戻率を上げたりと、あれこれ工夫することに余念がありません。逓増定期保険を購入する法人側も、保険金額よりも返戻率が興味の的であり、保険料が高くても返戻率の高い商品を追い求める傾向があります。
 この商品で注目すべき点は、返戻率のピーク、つまり一番高くなるところを過ぎると返戻率が下がっていってしまうことから、解約・払済等の処理に対するニーズがある得る点です。

▲ページトップへ
Copyright(C)2000 Financial Associates All rights reserved.