保険を通じて個人の生活と企業の経営をサポートする

総合保険代理店 株式会社ファイナンシャルアソシエイツ ロゴマーク フリーダイヤル 0120-8167-41
トップページへ 個人のお客様のページへ 法人のお客様のページへ 生命保険商品のページへ 損害保険商品のページへ ご契約者様のページへ お問合せのページへ

個人のお客様

あなたの必要保障額は
相続対策
損害保険料の削減

法人のお客様

適年問題
役員の保険
従業員の保険
利益の繰り延べ
事業承継対策

損害保険の最適化
生命保険商品

生命保険活用の基礎
保険商品の概説
個人向け注目商品

法人向け注目商品
損害保険商品

個人向け商品

法人向け商品
■ お問合せ
■ PROFILE
■ 勧誘方針
■ プライバシーポリシー
SOHO

SOHO(Small Office Home Office)の方は、何かと自分で自分のことを守っていかなければなりません。かといって、仕事を始めた当初はそれ程保険料の負担は多くしたくないでしょうから、なるべく少ないコストで、まずは最低限の保障を確保するということになるでしょう。

健康保険にしろ、年金にしろ、勤め人の方とくらべると公的保障が薄くなります。したがって、死亡保障も医療保障も彼らよりも厚くしておく必要があります。

そうした状況で、こくみん共済などの低コストな商品で取り敢えずの保障を確保すると言う方法もありますし、医療保険であれば、保障期間が短いもの(10年とか60才まで)に加入し、働いている間の入院、所得補償に備えることで安心を確保します。

死亡保障が必要とお考えの方は、逓減定期保険や収入保障保険に加入して合理的な備えをしておいては如何でしょう。

もう少しお金に余裕があってある程度老後の準備もしておきたいという方は、積立利率変動型の終身保険などに加入されて、万一の場合の保障と将来への備えに活用されることをお勧めします。

必要保障額の算出は、子持ちの男性、子持ちの女性を参考にしていただき、遺族年金の欄が、遺族基礎年金(国民年金)のみ(子どもひとりの場合、高校を卒業するまで年間794,500円で、ふたりの場合は、+228,600円)です。勤め人の方よりは一般的にはより大きな保障が必要となります。

生命保険はセット商品ではなく、自分に必要なものを、必要な額だけ購入すると言う姿勢で臨んでください。ご相談はいつでも承りますので、お気軽にご連絡ください。
   お問合せ


▲ページトップへ
Copyright(C)2000 Financial Associates All rights reserved.