保険を通じて個人の生活と企業の経営をサポートする

総合保険代理店 株式会社ファイナンシャルアソシエイツ ロゴマーク フリーダイヤル 0120-8167-41
トップページへ 個人のお客様のページへ 法人のお客様のページへ 生命保険商品のページへ 損害保険商品のページへ ご契約者様のページへ お問合せのページへ

個人のお客様

あなたの必要保障額は
相続対策
損害保険料の削減

法人のお客様

適年問題
役員の保険
従業員の保険
利益の繰り延べ
事業承継対策

損害保険の最適化
生命保険商品

生命保険活用の基礎
保険商品の概説
個人向け注目商品

法人向け注目商品
損害保険商品

個人向け商品

法人向け商品
■ お問合せ
■ PROFILE
■ 勧誘方針
■ プライバシーポリシー
生命保険商品
個人向け注目商品  
 
収入保障保険  
収入保障保険は、保険金を一時金ではなく、年金で支払う保険です。一家の大黒柱が亡くなった場合、その収入を補うのが目的で、家族収入保険という呼び方をしている保険会社もあります。
保険加入で万一の場合の保障金額を決める際に、一時金で5,000万円とするのか、月額で30万円を被保険者が60歳になったであろう時まで受取るかとでは、実感としての金額認識が随分違います。
例えば、小学生と中学生とがいる家庭で、生計を主に支えていたサラリーマンのお父さんが亡くなった場合、遺族保障として、厚生年金と国民年金から遺族年金が支払われます。生活費が40万円として、当分の間遺族年金が15万円支払われるとしたら、あと25万円あれば今までの生活費は補える勘定となります。

実際には、住宅を持ってローンを抱えていた場合は大方の場合、ローンがなくなりますし、また、お父さんがいないのですから、その分生活費も少なくて済む訳です。その場合、60歳満了の収入保障保険に月額25万円で加入すれば必要保障額の内生活費分は充たされることになります。
そうして保障額を決めれば、安心を実感できる保障が確保されるという訳です。
この保険は、仕組上将来に向けて、保障額が逓減して行きます。つまり段々と減っていくのです。しかし、保険料は期間を通じて変わりません。したがって、保険期間の最初の内は保険料が安く、あとになるほど割高になる保険です。この辺の特長を活かして最適な加入を考えれば保険料の削減にも寄与する合理的な保険です。あと一点注意したのは、保険金を年金で受取る場合、その金額のほとんどに所得税と住民税が掛かる点です。それを回避するために実際は年金に替えて一時金で受取るという方法もあります。

 

▲ページトップへ
Copyright(C)2000 Financial Associates All rights reserved.