保険を通じて個人の生活と企業の経営をサポートする

総合保険代理店 株式会社ファイナンシャルアソシエイツ ロゴマーク フリーダイヤル 0120-8167-41
トップページへ 個人のお客様のページへ 法人のお客様のページへ 生命保険商品のページへ 損害保険商品のページへ ご契約者様のページへ お問合せのページへ

個人のお客様

あなたの必要保障額は
相続対策
損害保険料の削減

法人のお客様

適年問題
役員の保険
従業員の保険
利益の繰り延べ
事業承継対策

損害保険の最適化
生命保険商品

生命保険活用の基礎
保険商品の概説
個人向け注目商品

法人向け注目商品
損害保険商品

個人向け商品

法人向け商品
■ お問合せ
■ PROFILE
■ 勧誘方針
■ プライバシーポリシー
主婦の方

専業主婦の方もりっぱな一家の働き手であることには変わりありません。寝込んだり、入院したり、不幸にして亡くなった場合には現在までの生活が維持できなくなります。そうした主婦の保険は何が適当でしょうか。まず一番に考えるのは医療保険です。入院した時の経済的な損失を補填する為のものです。そして死亡保障。介護保険も将来に向けて必要と考えられる方もいます。

今、40歳の主婦が月々5千円〜1万円の予算で保険に加入するとしたらどんな保険が適当でしょうか。

@     終身保険で死亡保障を確保する。

A     医療保険とがん保険で入院に備える。

B     終身保障+医療特約でバランスよく保障を確保する。

@ を選択した場合

ここは、保険料負担の少ない商品を上手く利用することをお勧めします。もしも入院したらという不安もあるでしょう。しかし、入院するかしないか分からないのに、多額の保険料をつぎ込むのはどうでしょう。死亡保障を500万円を確保すること一本に絞ってみては如何でしょう。

人間かならずいつかは亡くなるわけで、早いか遅いかはありますが、かならず500万円が支払われるのであれば、入院費用も工面できると思います。60日入院して、大きな手術をして、支払われる給付金は、日額5千円の医療保険であれば、50万円です。日額1万円の保障でも100万円です。医療保険でもとを取るのは大変なことです。
 

A を選択した場合

@の選択もいいけど、やはり大きな病気をした時に直ぐに手当てできる費用が必要と言う方もいらっしゃるでしょう。その場合は、以下のような保険に加入するというのも手です。
  医療保険    日額 5千円

  女性疾病特約 もしくは成人病特約  

          日額 5千円

  がん保険    日額 1万円

最近周りの方でもがんに罹患される方が多くなってきたような気がします。ガンは一般的に入院期間はそれほど長くありませんが、手術や差額ベッド代等付帯費用が多くかかることがまれではありません。その為の経済的な負担を、比較的保険料の安いがん保険でされては如何でしょう。かといって、病気はがんばかりではありませんから、入院が長くなりそうな脳疾患などを成人病特約で大目にカバーできる医療保険に加入しておくことをお勧めします。

保険期間のよって保険料は異なりますが、月々5千円〜1万円で加入できます。

 
B を選択した場合。

あれもこれもと欲張ってはいくらお金があっても足りません。ここは、もしもの場合の一生涯の死亡保障300万円を確保して、働き盛りの入院保障を確保するの留めることをお勧めします。保険料の支払は60才までで、その後の医療保障はなくなりますが、死亡保障の300万円は残るので、この保険金が色んな形で役に立つと思います。

たいていの場合、年間で支払う保険料は、最終的に受取る300万円以下ですから、入院もしなくて損をしたという気分にはならないと思います。

保険の選択は、これだというものは当然なく、個々人の置かれている経済環境、個々人のものの考え方が色濃く反映するものです。上記はあくまでも基本的な考え方に過ぎません。個別には具体的なご意見を伺いながら設計させていただきますので、お気軽にご連絡願います。  お問合せ


▲ページトップへ
Copyright(C)2000 Financial Associates All rights reserved.