保険を通じて個人の生活と企業の経営をサポートする

総合保険代理店 株式会社ファイナンシャルアソシエイツ ロゴマーク フリーダイヤル 0120-8167-41
トップページへ 個人のお客様のページへ 法人のお客様のページへ 生命保険商品のページへ 損害保険商品のページへ ご契約者様のページへ お問合せのページへ

個人のお客様

あなたの必要保障額は
相続対策
損害保険料の削減

法人のお客様

適年問題
役員の保険
従業員の保険
利益の繰り延べ
事業承継対策

損害保険の最適化
生命保険商品

生命保険活用の基礎
保険商品の概説
個人向け注目商品

法人向け注目商品
損害保険商品

個人向け商品

法人向け商品
■ お問合せ
■ PROFILE
■ 勧誘方針
■ プライバシーポリシー
生命保険商品
保険商品の概説  
 
生命保険商品の種類は結構豊富です。
世に出ている主な種類の商品を取り上げ、 なるべく分かりやすい説明を加えました。
 

定期保険

読んで字の如く、期間が定まった保険です。その定まった期間に亡くなれば保険金が支払われます。その期間を過ぎて何もなければ、「ああ良かった」で何も戻らない俗にいう掛け捨ての保険です。「定期預金」と混同して貯蓄性があると勘違いしている方も多いようですが、全くの誤解です。

終身保険

終身とは終身刑(縁起でもない)と同じく一生涯という意味です。死亡したら必ず保険金が支払われます。人間はどんな頑強なボブサップのような人でも必ず死を迎えますから、必ずもらえる保険と言う見方も出来ます。

定期付き終身保険

定期付きとは、定期保険が付いているという意味です。ある程度の金額の終身保険の上に、定期保険が特約で付いた保険です。特約の方(定期保険)が主契約(終身保険)よりずっと保険金額が大きいのと、医療特約などを含めて特約は通常10〜15年なのが特徴です。定期預金や定期券がおまけに付いた終身保険ではありませんのでくれぐれも誤解のないように。

養老保険

何ともおかしなネーミングだと常々思っていますが、でも何故か貯蓄を連想させるから不思議です。死んでも生存していても保険金がもらえる生死混合保険と呼ばれる保険です。ある一定の保険期間の内に亡くなれば保険金が支払われ、保険期間が終了すれば(満了という)保険金額と同じ満期保険金が支払われます。満期金がある保険は養老保険だけです。

逓減定期保険

逓減とは徐々に減るということです。保険金額が年を追うごとに減っていく商品です。子供が学校に行っているときはある程度の保障がいるとしても、例えば10年後、子供が学校を卒業してしまったら同じ保険金額は必要ない。であれば、年の経過と共に必要保障額も少なくなるという発想から出来た合理的な保険です。住宅ローンに付帯している団体信用生命保険も年を経るごとに減っていくローン残高をカバーすれば良い訳ですから同じ仕組みです。

収入保障保険(家族収入保険)

逓減定期保険の分割払いの保険です。生きていたらなったであろうある一定の年齢まで、月々一定額が遺族の方に支払われます。亡くなった時に残りの保険期間が20年あって、月々10万円の保障額とすれば、総支払額は20×12×10万円=2,400万円です。不幸があった時の残りの保険期間が10年だとしたら、その半額です。したがって仕組みは逓減定期と同じです。

変額保険

保険金額と解約返戻金が、契約者が選んだ特別勘定の運用実績によって変動する保険です。終身保険と同じ保険期間の終身型と、養老保険と似た有期型があります。バブルの頃悪名が轟きましたが、決して悪い保険ではなく、使い方次第では大変お勧めな保険です。

医療保険

病気やけがをして入院した時に、入院日数や手術の程度に対して「給付金」が支払われる保険です。入院後の通院特約や、死亡保障などが付帯しているものもあり、どれにしたら良いか迷う保険の代表です。迷った時は加入しないというのも手ですが、みんなが入りたがる人気のある?商品です。

がん保険

入院に対するリスクの中でも、費用がかさむと思われているがんの入院だけを保障する保険です。日本人の死亡原因のトップはここ20年以上がんです。環境問題等を考えるとそれ比率は増えていくかも知れません。がんだけに特化した保険なので保険料は比較的安くなっています。

介護保険

この保険単体では損保会社が先行して売り出しています。ある一定に基準のもと要介護状態になったら給付金または年金が支払われるようになっている商品です。
公的な保障がこれからあまり期待できないという思いからか、これから人気が出てきそうな商品です。でも本当にいるのかな?

 
▲ページトップへ
Copyright(C)2000 Financial Associates All rights reserved.