保険を通じて個人の生活と企業の経営をサポートする

総合保険代理店 株式会社ファイナンシャルアソシエイツ ロゴマーク フリーダイヤル 0120-8167-41
トップページへ 個人のお客様のページへ 法人のお客様のページへ 生命保険商品のページへ 損害保険商品のページへ ご契約者様のページへ お問合せのページへ

個人のお客様

あなたの必要保障額は
相続対策
相続対策2
損害保険料の削減
法人のお客様

適年問題
役員の保険
従業員の保険
利益の繰り延べ
事業承継対策

損害保険の最適化
生命保険商品

生命保険活用の基礎
保険商品の概説
個人向け注目商品

法人向け注目商品
損害保険商品

個人向け商品

法人向け商品
■ お問合せ
■ PROFILE
■ 勧誘方針
■ プライバシーポリシー
生命保険商品
個人向け注目商品  
 
健康体・非喫煙型保険  
近頃は、自動車保険もリスク細分型が当たり前のようになってきました。今までは毎日車に乗る人も、週に一度しか乗らない人も保険料は同じでしたが、事故をあまり起こさないゴールド免許にも割引が設定されるようになり、保険料の設定も少しは合理的になってきています。

それと同じように、生命保険も死亡リスクの少ない健康な人、タバコを吸わない人に対して割引料率を適用する保険会社、保険商品が出ています。タバコを吸わなかったり、健康に自信がある人はこれを使わない手はありません。

健康体(優良体とも呼ぶ)、非喫煙体の料率が適用になるのは、今は主に定期保険の分野ですが、終身保険に適用する会社も出てきました。ただし、保険金額には下限が設けてあり、一般的には2,000-1,000万円以上に対しての適用となっています。検査に費用が掛かるためです。

料率としては、年齢によって違いますが、概ね2割前後の割引となります。タバコを吸っている方はタバコを止めて約1年経過すれば適用になる可能性がありますから、タバコを止めることの効用は、そのものの節約に加えて金額に直すとかなり大きなものになります。1日ひと箱吸っていた人は、一年で約10万円。保険料でも数万円の節約が可能です。これから20年とすると、国産の立派な車が買えるほどの金額になります。一念発起してタバコを止めてみるのも良いかも知れません。

タバコを吸っていない人はもとから、契約内容の見直しは是非してみて欲しいものです。掛け捨ての定期保険は、他の保険に比べて比較的保険料が安く設定されていて、また貯蓄性も低いので、保障を見直す場合のデメリットは少ないと思われるので尚更です。

 

▲ページトップへ
Copyright(C)2000 Financial Associates All rights reserved.