保険を通じて個人の生活と企業の経営をサポートする

総合保険代理店 株式会社ファイナンシャルアソシエイツ ロゴマーク フリーダイヤル 0120-8167-41
トップページへ 個人のお客様のページへ 法人のお客様のページへ 生命保険商品のページへ 損害保険商品のページへ ご契約者様のページへ お問合せのページへ

個人のお客様

あなたの必要保障額は
相続対策
相続対策2
損害保険料の削減
法人のお客様

適年問題
役員の保険
従業員の保険
利益の繰り延べ
事業承継対策

損害保険の最適化
生命保険商品

生命保険活用の基礎
保険商品の概説
個人向け注目商品

法人向け注目商品
損害保険商品

個人向け商品

法人向け商品
■ お問合せ
■ PROFILE
■ 勧誘方針
■ プライバシーポリシー
法人のお客様
事業承継対策  
 

事業をどなたかに承継させるつもりであればそれなりの対策が必要です。

1) 借金に対する保障

まずは、オーナー経営者が亡くなることで銀行からの借り入れ等に支障を来たさないようにすべきです。すぐに返せと言われかねない借金の額の倍近くは何らかの保険に加入しておくことが必要です。倍というのは、保険金自体が利益となって税金が掛かってしまいますから、税金分を考慮してのことです。

それと、オーナー社長はある程度の現金を家族に残すべく、是非個人で生命保険に加入しておいて欲しいと思います。それが大切な家族を守ることになります。          企業は生き物です。今業績が良くてもそれが将来を保証するものではありません。借金をして設備投資をして、いざこれからという時にオーナーが不慮の事故で亡くなったりしたら、会社は倒産、借金だけ残るということは起こり得る現実です。いざとなれば残された人は相続を放棄する必要もあるでしょう。その時に生命保険に加入していれば、そこから支払われる現金は基本的に相続財産とは切り離されますから、相続放棄してもある程度の現金が家族の手元に残ります。
生命保険は会社で加入するだけでなく、必ず個人でも加入しておいて欲しいものです。

2)相続対策資金

中小企業の事業承継での一番の問題は、自社株が相続財産として高額に評価されてしまうということです。自社株は評価が高くても売れませんから、納税資金を別に用意することが必要です。そのためには、個人で保険に加入することに加え、会社から支払う死亡退職金や弔慰金の原資を予め生命保険で用意しておくことが有効です。

 

具体的なご相談に乗ります。お気軽にお問合せ下さい。
▲ページトップへ
Copyright(C)2000 Financial Associates All rights reserved.