保険を通じて個人の生活と企業の経営をサポートする

総合保険代理店 株式会社ファイナンシャルアソシエイツ ロゴマーク フリーダイヤル 0120-8167-41
トップページへ 個人のお客様のページへ 法人のお客様のページへ 生命保険商品のページへ 損害保険商品のページへ ご契約者様のページへ お問合せのページへ

個人のお客様

あなたの必要保障額は
相続対策
相続対策2
損害保険料の削減
法人のお客様

適年問題
役員の保険
従業員の保険
利益の繰り延べ
事業承継対策

損害保険の最適化
生命保険商品

生命保険活用の基礎
保険商品の概説
個人向け注目商品

法人向け注目商品
損害保険商品

個人向け商品

法人向け商品
■ お問合せ
■ PROFILE
■ 勧誘方針
■ プライバシーポリシー
医師

勤務医の方は基本的に「お勤めの方」と同じです。ここでは、個人で開業されていてお子さんのある医師の方に相応しい保険を考えます。

家族への保障と言うことであれば、ほとんど他の方と同じですが、医師の方の特徴としては、

1.医療設備を入れるときに借金をしている。

2.子供に医院を継がせたい。ということがあります。

1.につきましては、借入金の総額もしくは残高に応じて、逓減定期保険に加入しておけば、ご自身に万一の場合も、それが残された家族の負担になることはありません。逓減定期保険とは、保障額が年々減っていく保険で、借入金も返済するたびに残高が減っていきますから、合理的に保障を確保することが出来ます。タバコを吸わない方には保険料の割引もあります。2.につきましては、簡単に言えば、医師になる為の子供の教育費を確保しておく必要があるということです。一般に子供の教育費は、ひとり1,000-1500万円必要と言われていますが、私大の医学部となると最低その倍は必要と思われます。そうした特別な費用を保険で確保しておくことが肝心です。その他、お子さんも既に成人している場合は、相続対策が必要となります。それには生命保険が極めて有効です。

また、ご自身の勇退後の蓄えにも生命保険を活用するプランで計画的に資金を準備されては如何でしょう。開業医の方には終身保険か逓増定期保険が適当です。また、医療法人を設置せず個人で開業していく場合には「小規模企業共済」に加入して、払った掛け金の所得控除を受けながら積み立てていくと言うのも賢い方法かと思います。

医療法人の理事長の保障(退職金の積立)も含めて、具体的な見積りを希望される方は、お気軽にご依頼下さい。   お問合せ


▲ページトップへ
Copyright(C)2000 Financial Associates All rights reserved.