保険を通じて個人の生活と企業の経営をサポートする

総合保険代理店 株式会社ファイナンシャルアソシエイツ ロゴマーク フリーダイヤル 0120-8167-41
トップページへ 個人のお客様のページへ 法人のお客様のページへ 生命保険商品のページへ 損害保険商品のページへ ご契約者様のページへ お問合せのページへ

個人のお客様

あなたの必要保障額は
相続対策
相続対策2
損害保険料の削減
法人のお客様

適年問題
役員の保険
従業員の保険
利益の繰り延べ
事業承継対策

損害保険の最適化
生命保険商品

生命保険活用の基礎
保険商品の概説
個人向け注目商品

法人向け注目商品
損害保険商品

個人向け商品

法人向け商品
■ お問合せ
■ PROFILE
■ 勧誘方針
■ プライバシーポリシー
ご隠居

自分にもしものことが起こったときのことを考えて家族に残すべきお金を保険で予め準備しておいては如何でしょう。もうお子さんも大きくなり、家族への保障はさほど必要ではない時期です。自分のためにもなり、家族のためにもなる保険の加入が必要です。配偶者を初め子供たちに何か残すものがあるとすれば、相続税が掛からないような財産でも、けんかをしなくて済むように、保険を活用して遺産分割するということ方法もあります。

一般的に、持ち家があり、幾ばくかの金融資産がある場合、財産を分けるというのはそうたやすいことではありません。死後の整理資金と生活資金を終身保険で確保すると同時に、手元の定期預金等の金融資産があれば、それを一時払いの終身保険もしくは変額終身保険に変えて、受取人を配偶者や子供たちにしておくことをお勧めします。例えば子供が二人の場合は、保険を二つに分割しても良いですし、保険金の受け取り割合を1/2ずつにするという方法もあります。

誰かに残すということも大事だが、まずは自分の生活資金にということであれば、一時払い終身保険もお勧めです。最初から年金保険をお考えの方がいらっしゃいますが、将来に向けて低い予定利率(利回り)を固定してしまうよりは、適当な時期に年金に移行すると言う方法があります。

生命保険は歳を取ると入れないとお考えの方もいらっしゃいますが、85歳でも加入出来る保険会社はあります。簡単に決め付けてしまわないで、色々と保険を使った方策を利用されては如何でしょう。私共が親身になってお手伝いいたします。  お問合せ


 


▲ページトップへ
Copyright(C)2000 Financial Associates All rights reserved.