保険を通じて個人の生活と企業の経営をサポートする

総合保険代理店 株式会社ファイナンシャルアソシエイツ ロゴマーク フリーダイヤル 0120-8167-41
トップページへ 個人のお客様のページへ 法人のお客様のページへ 生命保険商品のページへ 損害保険商品のページへ ご契約者様のページへ お問合せのページへ

個人のお客様

あなたの必要保障額は
相続対策
相続対策2
損害保険料の削減
法人のお客様

適年問題
役員の保険
従業員の保険
利益の繰り延べ
事業承継対策

損害保険の最適化
生命保険商品

生命保険活用の基礎
保険商品の概説
個人向け注目商品

法人向け注目商品
損害保険商品

個人向け商品

法人向け商品
■ お問合せ
■ PROFILE
■ 勧誘方針
■ プライバシーポリシー
弁護士・会計士・税理士等

社会的にも地位が確立し、比較的収入も高額な人たちです。とは言っても職人と同じで、腕一本、体ひとつで勝負しているところもあり、現状の生活を基に考えると、ある程度の高額な保障が必要でしょう。事務所によっては、厚生年金と組合の健康保険に加入している人もいるでしょうが、そうではなく国民年金と国民健康保険という方も多いと思います。

国民健康保険には「傷病手当金」という休業補償がありませんから、万一病気やけがで仕事につけなくなった時の保障が必要です。損害保険会社の所得補償保険や生保の医療保険で一回の入院日数の制限が360日とか730日とか長めのものに加入されることをお勧めします。万一の場合の死亡保障につきましては、遺族年金の額もお勤めの方に比して少ないことから、大目の金額設定となります。

将来に向けてある程度の蓄えをお望みの方は、生命保険会社の年金保険ではなく、「小規模企業共済」で手当てされるのが、所得税額軽減の効果もあり、絶対に有利です。

具体的なお話にご興味のある方は、お気軽にご連絡願います。  お問合せ


▲ページトップへ
Copyright(C)2000 Financial Associates All rights reserved.